<日吉新生活ガイド3>再開発が終わる2020年頃まで、少し不便が続く買物事情

横浜日吉新聞
日吉新生活ガイド

日吉新生活ガイドようこそ日吉へ――。今年(2016年)も日吉の街に多くの人が引っ越してきます。横浜日吉新聞ならではの新生活ガイド、第3回は日吉での食料品を中心とした日々の買物事情について、綱島も含めてまとめました

2016年現在、日吉も隣の綱島も、買物に関しては大規模な再開発を前に、若干の不便がともなう「我慢の時」を迎えています。

2015年から今年の始めにかけて、日吉と綱島では38年以上営業を続けてきた大型スーパー「アピタ日吉店」(箕輪町2)と、半世紀以上の歴史を持つ綱島駅直結の「綱島駅前東急ストア」(綱島西1)が相次いで閉店しました。

店長らスタッフが頭を下げるなかでシャッターが閉じられたアピタ日吉店(2015年11月29日18時40分ごろ)

2015年11月で閉店したアピタ日吉店

いずれも日吉と綱島の住民に長年親しまれた買物スポットが消えてしまったわけですが、これから数年内には違った形で復活することが予想されています。

アピタ日吉店は綱島寄りのパナソニック工場跡地「Tsunashima(綱島)サスティナブル・スマートタウン(綱島SST)」に「アピタ横浜綱島店」として2017年4月以降に完成させる予定(詳細記事)となっており、「綱島駅前東急ストア」は、東急東横線の高架工事が行われた後に復活する可能性が取り沙汰されています。

新綱島駅(地下)の地上部分に建てられる複合ビルの完成予想図(横浜市の資料に本紙で位置関係や補足情報などを追記)

新綱島駅(地下)の地上部分に建てられる複合ビルの完成予想図(横浜市の資料に本紙で位置関係や補足情報などを追記)

このほか、「アピタ日吉店」跡などの大規模な再開発地ではマンションなどの開発が予定されており、ここにスーパーなどが出店することも考えられます。(詳細記事

また、日吉駅近くの大型アパート「日吉台学生ハイツ(東京・スチューデントハウス日吉台)」(箕輪町1)が今年3月に閉館するため、跡地の活用法に注目が集まっています。(跡地は伊藤忠の社員寮に→詳細記事

綱島では、東急と相模鉄道の新線開業にともなって、駅東口側には「新綱島駅」が設けられ、その上部には28階建ての「複合ビル」が建設される予定です。

この28階建てのビル内には、何らかの新たな買物スポットが新たに設けられる確率が高そうです

グーグルからの配信による広告

日吉住民が使えるスーパーは7つ、綱島は3つ+α

数年後には飛躍的に買物環境が改善されるとはいえ、食料品などの「今必要なもの」を買う場所がなければ、生活にも困ってしまいます。

現在、日吉と綱島で肉や魚、野菜といった生鮮食料品の買物ができるスーパーは次の通りです。

<主に日吉住民が利用:7店舗>

日吉住民の台所的な存在のスーパー「ながえ」

日吉住民の台所的な存在のスーパー「ながえ」

・日吉駅直結の「日吉東急avenue(アベニュー)」(1階食料品売場)<価格:△=スーパーと比べ若干高めだが商品の質は高い、専門店も充実、品揃え:○、利便性:○>

・日吉駅近くの小型スーパー「ながえ」(日吉本町1)<価格:○、品揃え:△=店舗が若干狭い、利便性:◎=駅からも近く平日23時まで営業、ただし専用駐車場はなし>

・日吉本町駅近くの大型スーパー「オーケー日吉店」(日吉本町4)<価格:◎=地域の最安値を志向、品揃え:○、利便性:○>

旧「スーパー八百忠」の場所に今年5月にオープンしたメグミマーケット

旧「スーパー八百忠」の場所に2015年5月にオープンしたメグミマーケット

・日吉本町駅近くの小型スーパー「メグミマーケット日吉本町店」(日吉本町3)<価格:○、品揃え:○、利便性:○>=南日吉商店街の地元スーパー、ナショナルブランド商品よりも肉や魚、野菜に強み

・日吉駅から徒歩10分の中型スーパー「もとまちユニオン日吉店」(川崎市中原区木月)<価格:○、品揃え:○、利便性:△=駅からは若干遠いが22時まで営業、店舗内に「マツモトキヨシ」や「はま寿司」も>

・下田町の中型スーパー「サミットストア日吉店」(下田町5)<価格:○、品揃え:○、利便性:△=公共アクセスはバス路線のみだが便数が多く、店は下田町の中心部に位置>※2016年6月26日閉店詳細記事

・川崎市寄りの日吉5丁目から近い場所にある中型スーパー「いなげや川崎南加瀬店」(幸区南加瀬4)<価格:○、品揃え:○、利便性:△=公共アクセスはバス路線のみだが22時45分まで営業、駐車場77台>

<主に綱島住民が利用:3店舗(+近隣に2店舗)>

・綱島駅東口から徒歩4分、綱島街道沿いの中型スーパー「綱島東急ストア」(綱島東2)<価格:○、品揃え:○、利便性:○>=2階には「ダイソー」あり、駐車場も豊富

イトーヨーカドー綱島店付近は綱島の一大買物スポット

イトーヨーカドー綱島店付近は綱島の一大買物スポット

・綱島駅西口の商店街にある「イトーヨーカドー綱島店」(綱島西2)<価格:○、品揃え:◎=総合スーパーならでは豊富さ、利便性:○=駅西口から徒歩4分、付近に多数の商店もあり>

・綱島駅西口から徒歩10分の中型スーパー「いなげや横浜綱島店」(綱島西4)<価格:○、品揃え:○、利便性:△=駅からは少し遠いが駐車場は豊富、22時45分まで営業>

鶴見川を渡った先には「ビッグヨーサン」(右、樽町)と「イオン」(左側、鶴見区駒岡)がある

鶴見川を渡った先には「ビッグヨーサン」(右、樽町)と「イオン」(左側、鶴見区駒岡)がある

なお、綱島東6丁目にある鶴見川の「樽綱橋」を渡った先、樽町3丁目には格安がうりの中型スーパー「ビッグヨーサン綱島樽町店」と、同店と近接した場所には「イオン駒岡店」(鶴見区駒岡町)もあります。

(※◎○△の評価やコメントは主観的なものです。あくまでも参考程度にどうぞ)

日吉、綱島ともに駅を中心としたエリアにスーパーが設けられており、いずれも徒歩10分以内でアクセスが可能です。このほか、日吉では下田町に「サミット」があり、川崎市幸区に近い日吉町エリア住民には「いなげや南加瀬店」が便利でしょう。

ただ、綱島のイトーヨーカドーを除いて、現段階では「総合スーパー」がないのが弱点といえそうです。また、イトーヨーカドーは全国的に店舗の閉鎖を進めている段階なので、綱島店の存廃の行方が気になるところです。

最近増えるコンビニ的な「ミニスーパー」もかなり便利

p160214p003

日吉と綱島に9店を展開する「まいばすけっと」

日吉と綱島で計10店舗(2店は川崎市内)あるスーパーのほか、近年存在感を見せているのが「ミニスーパー」と呼ばれる買物スポットの存在です。コンビニ程度の広さの店内ですが、少しの肉や魚、野菜も取り扱っているため、日常の買物には役立ちます。

2016年2月現在、日吉にはイオン系の「まいばすけっと」が6店、ユニー系の「ピアゴ」が1店、ローソン系の「ローソンストア100」が1店あり、綱島では「まいばすけっと」が4店を展開しています。

<日吉のミニスーパー>

ユニー系のミニピアゴ日吉本町1丁目店

ユニー系の「ミニピアゴ」日吉本町1丁目店は普通部通りにある

mini(ミニ)ピアゴ日吉本町1丁目店(日吉本町1-27-35ヒルトップ日吉)※普通部通り、日吉台小学校近く(24時間営業)

まいばすけっと箕輪町1丁目店(箕輪町1-25-27安斉ビル)※日吉駅東口から徒歩6分、箕輪町バス停近く

まいばすけっと日吉本町3丁目店(日吉本町3-33-43日管ハイム第5)※日吉本町駅から徒歩4分

まいばすけっと日吉本町4丁目店(日吉本町4-23-60マルヨマンション)※日吉本町駅から徒歩3分

まいばすけっと日吉2丁目店(日吉2-16-25ニュー日吉マンション)※日吉駅西口から徒歩5分

まいばすけっと日吉7丁目店(日吉7-12-5エクセルシオール日吉)※宮前中町バス停/慶友クリニック近く

まいばすけっと下田町6丁目店(下田町6-3-3)※下田小学校バス停近く

「ローソンストア100」は日吉七郵便局近くにある

「ローソンストア100」は日吉七郵便局近くにある

ローソンストア100港北日吉(日吉7-15-7エレガントヒヨシ)※宮前南バス停/日吉七郵便局近く(24時間営業でしたが、7時~23時に変更となっています)

※上記の記事発表以後、2016年7月に日吉5丁目(詳細記事)で、さらに箕輪町1丁目にはもう1店「まいばすけっと」が2016年8月開店(詳細記事)し、日吉のミニスーパーは10店舗となった

<綱島のミニスーパー>

まいばすけっと綱島西2丁目店(綱島西2-7-18ニックハイム綱島第2)※綱島駅西口から徒歩4分、イトーヨーカドー綱島店近く

まいばすけっと綱島西店(綱島西2-13-3中銀綱島マンシオン)※綱島駅西口から徒歩5分、「メガロス綱島」近く

まいばすけっと綱島東店(綱島東1-22-25ヒカリマンションパートIII)※綱島駅東口から徒歩7分、綱島東小学校近く

まいばすけっと綱島東5丁目店(綱島東5-8-26 GSハイム)※南綱島住宅前バス停近く

いずれのミニスーパーも朝7時~8時から深夜23時~0時ごろまで開店しており、ミニピアゴは24時間営業なので、コンビニ感覚で買い物ができるのがメリットです。また、イオンなどが展開する廉価なオリジナルブランド商品が豊富に揃っている点もありがたいといえるでしょう。

これらミニスーパーのほかに、横浜に本社を置くコンビニチェーンの「スリーエフ」の港北箕輪町店(箕輪町1※2016年4月閉店「まいばすけっと」に)と港北綱島駅前店(綱島西1)では野菜の販売も行われています。

ドンキやドラッグストアでも食料品を取り扱い

生鮮品以外の食料品を扱っている大型ドラッグストアは、日吉と綱島に複数出店しているほか、北綱島交差点近くの箕輪町2丁目にある「ドン・キホーテ日吉店」も食料品や酒類の品ぞろえが豊富です。

<日吉と綱島で食品類を取り扱う主な「大型ドラッグストア」>

ドラッグストアクリエイトは日吉と綱島に3店舗ある

ドラッグストアクリエイトは日吉と綱島に3店舗ある

マツモトキヨシ日吉箕輪店(箕輪町2※旧アピタ日吉店隣接)

ドラッグストアクリエイト日吉本町店(日吉本町4)

ドラッグストアクリエイト下田町店(下田町4)

ドラックセイムス日吉店(日吉6)

ウェルシア薬局綱島東店(綱島東4)

p160214p005

Fit care DEPOT(フィット・ケア・デポ)は綱島に2店舗

Fit care DEPOT(フィット・ケア・デポ)綱島東店(綱島東5)

ドラッグストアクリエイト綱島西店(綱島西3)

Fit care DEPOT(フィット・ケア・デポ)北綱島店(綱島西5)

ハックドラッグ綱島西店(ヨーカドー綱島店隣、綱島西2)

ハックドラッグ綱島店(メガロス綱島前、綱島西2)

このほか、食料品の取り扱いは多くありませんが、日吉東急のサンロード沿いの1階にある「Fit care DEPOT 日吉東急店」や、浜銀(バス)通りの「ミネドラッグ日吉店」もあります。

以上が日吉と綱島の主な日常買物スポットです。これから2020年ごろにかけて、2つの街は新たな鉄道路線や新駅の開業と、それにともなう再開発が相次いで予定されており、買物事情はより便利に変わっていくはずです。それまでの間は少し工夫をしながら買物していくことになりそうです。

【関連記事】

<日吉新生活ガイド1>約2万の学生・生徒が通う街、小学校や保育所は不足傾向(2016年1月25日)

<日吉新生活ガイド2>鉄道3路線が乗り入れ、東京も横浜も便利に通える好環境(2016年2月6日)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧