日吉駅から1本でアクセス、3都県36市区町に繋がる「日吉沿線」に迫りたい!

横浜日吉新聞
日吉沿線
hiyoshi_ensen

「日吉沿線」は8鉄道会社・局の10路線におよんでいる

日吉駅には現在、8つの鉄道会社・交通局の10路線が乗り入れています。列車に乗りさえすれば、横浜はもちろん、東京都内の西部から北部、埼玉県内まで直通列車で行き来することができるようになっています。

日吉から“一本”で行ける場所を調べてみると、横浜市の6行政区(港北区・都筑区・神奈川区・緑区・西区・中区)と川崎市中原区、東京都だと12区4市、埼玉県は17市1町で、合計3都県(神奈川・東京・埼玉)の23市12特別区1町へアクセスが可能になっています。なんだか書いていてわけが分からなくなりそうですが、とにかく日吉から電車に乗ってしまえば「まったく見たことがない世界」が広がっている、ともいえます。

西武鉄道の電車も「元町・中華街」まで乗り入れる(日吉駅で撮影)

西武鉄道の電車も「元町・中華街」まで乗り入れる(日吉駅で撮影)

わずか8年ほど前には、東急東横線と東京メトロ日比谷線(現在は中止)、みなとみらい線くらいしか路線がなかった日吉駅。今では10路線の電車が行き来し、さらに3年ちょっと後(2019年4月)には相模鉄道(相鉄)も乗り入れてきますので、もはや日吉駅で行先表示を見ても「まったく理解不能」という状態になるかもしれません。

現在、日吉駅を発着する電車の行先をまとめてみますと、

<東京方面>

・日吉→東急東横線→東京メトロ副都心線→西武池袋線(所沢・飯能方面)

・日吉→東急東横線→東京メトロ副都心線→東武東上線(川越市・森林公園方面)

・日吉(始発着)→東急目黒線→東京メトロ南北線→埼玉高速鉄道(浦和美園方面)

・日吉(始発着)→東急目黒線→都営地下鉄三田線(西高島平方面)

<横浜方面>

・日吉→東急東横線→みなとみらい線(元町・中華街方面)

・日吉(始発着)→市営地下鉄グリーンライン(センター北・中山方面)

東武東上線や西武線に乗り入れる特急の多くに「Fライナー」という愛称がつく(写真は綱島駅で撮影)

東武東上線や西武線に乗り入れる特急の多くには今後「Fライナー」という愛称がつけられる予定(写真は綱島駅で撮影した東武の電車)

この6つの行先パターンが存在していますが、グリーンラインやみなとみらい線はともかく、直通しているからといって西武や東武線の終点まで全部乗ったことがある、という人はほとんどいないのではないでしょうか

たとえば日吉駅から「森林公園(埼玉県比企郡滑川町、東武東上線)」まで乗り通したという人は、日吉駅利用者のなかでも数人いるかいないはずです(書いている本人もありません)。目黒線の行先によくある「浦和美園(さいたま市緑区)」も、サッカー観戦(埼玉スタジアムまで徒歩15分)目的以外で行く人は珍しいと思われます。

この「日吉沿線」と名付けたコーナーでは、日吉から電車1本でアクセスが可能な鉄道沿線の話題を、見どころや観光地を中心にレポートすることで、3都県36市区町におよぶ果てなく長い”日吉沿線”の一端をお伝えできればと考えています。今後、ときおり掲載しますので、ご愛読のほどよろしくお願いいたします。

【関連記事】

“日吉沿線”で一番遠い「森林公園」へ、1日4本だけの超レア列車を乗り通してみた(2016年2月21日)

<日吉新生活ガイド2>鉄道3路線が乗り入れ、東京も横浜も便利に通える好環境(2016年2月6日)

東京メトロ副都心線は、東急東横線など5社の鉄道をつなぐ中心となっている(メトロのトリセツより)

東京メトロ副都心線は、東急東横線など5社の鉄道をつなぐ中心となっている(メトロのトリセツより)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)