5つの神社だけでなく、「日吉」地名の源となった金蔵寺にも初もうで客多数

横浜日吉新聞
元旦から多数の初もうで客が訪れた金蔵寺(日吉本町2)

元旦から多数の初もうで客が訪れた金蔵寺(日吉本町2)

日吉にある5つの神社(日吉神社=日吉3、駒林神社=日吉本町2、諏訪神社=箕輪町3、下田神社=下田3、熊野神社=日吉5)では2016年の日が変わる頃から初もうで客が訪れていますが、神社だけでなく「お寺」でも参拝客が多数訪れています

このうち、日吉本町2丁目の南日吉商店街近くにある「金蔵寺(こんぞうじ)」では、元旦の昼間も多数の参拝客が列を成していました。

「日吉」の名の由来について(川崎市幸区ホームページより)

「日吉」の名の由来について(川崎市幸区ホームページより)

金蔵寺は「日吉」という地名の源となった寺であり、今から1100年以上前に創建されたと伝えられる古刹(こさつ=由緒ある古い寺)だけに、日吉在住の多くの人が訪れています。

場所は日吉本町駅から徒歩5分(約400メートル)、日吉駅西口から徒歩14分(約1キロ)となっています。

【地図】グーグルマップ(金蔵寺の場所)

【参考リンク】日吉の地名由来について(川崎市幸区ホームページ)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)