<2016年春ダイヤ改正>副都心線の明治神宮前(原宿)駅、日中は急行停車へ

横浜日吉新聞
東京メトロ副都心線は、東急東横線など5社の鉄道をつなぐ中心となっている(メトロのトリセツより)

東京メトロ副都心線は、東急東横線など5社の鉄道をつなぐ中心となっている(「メトロのトリセツ」より)

東京メトロは来年(2016年)3月26日(土)に行うダイヤ改正の概要を発表しました。東急東横線が直通運転する副都心線では、急行列車の停車駅に明治神宮前(原宿)駅が加わることになりました。これまでは土日祝日のみ停車していましたが、平日にも拡大するものです。

一方、朝夕のラッシュ時間帯は、副都心線の「急行」は「通勤急行」として統一されます。通勤急行は、これまでと同様に明治神宮前(原宿)駅は通過し、渋谷から池袋の間は、新宿三丁目のみの停車となります。

東武東上線や西武線に乗り入れる特急の多くに「Fライナー」という愛称がつく(写真は綱島駅で撮影)

東武東上線や西武線に乗り入れる特急の多くに「Fライナー」という愛称がつくことになる(写真は東武の車両、綱島駅で撮影)

このほか、今回のダイヤ改正では、東急東横線の特急列車(日吉駅は未停車)のうち、副都心線内を急行で走り、東武東上線を急行、または西武線内を快速急行として走る直通列車には「Fライナー」という統一の愛称が付けられることになりました。

速達性をイメージする「Fast」や相互直通運転の5社を示す「Five」などから名付けたもので、主に日中時間帯の東横線特急の多くが対象となる見込みです。なお、日吉駅に停車する朝夕運転の「通勤特急」は対象外となります。

※東急東横線の2016年3月ダイヤ改正記事はこちら

【参考リンク】

日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、半蔵門線、副都心線のダイヤを改正します(東京メトロ)

副都心線で運転する、速達性の高い直通列車の愛称名を「Fライナー」といたします(東京メトロ)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧